2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

         NEXT

≫ EDIT

とび森日記 第40森

久しぶりのとび森日記ですね。
気付けば40回を突破してしまいましたね~。早いものです…。

この約1ヶ月は特にイベントも無かったですからね。
ただ…悲しいニュースが一つありました。

我が、ふうらい村のキザ系だったケインが引っ越して行きました。
ちょっとプレイを疎かにしてしまった数日に話が進んでいたようで…
気付いた時には、すでにダンボール状態でした(泣)
世界樹の迷宮Ⅳに浮気していたばっかりに…

悲しい事でしたが、悪い事ばかりではなく置き土産を残してくれました。
別れ際に…
我が村初の写真です!ありがとうケイン。そして元気でな!

新しいキザ系も、すぐに来てくれました~!
新しい仲間
リスのジュンです。これから宜しくな!!!

さて、今日の本題ですが
今日はイベント、イースターでした。広場に謎の生き物が…
ぴょんたろう1
ぴょんたろう2
ぴょんたろう3
やたらハイテンションなわりに…変な間があったりする
ちょっと不気味なキャラです。
謎の無言
いきなり無言になられるので、気味が悪いです。

今回のイベントは村に散らばる卵を集める事です。
たまごゲッツ
卵は計6種類あり、最初の目標は6種をぴょんたろうに渡す事です。
卵の入手場所は以下の通りです。

・きのたまご(木を揺らす)
・じめんのたまご(地面を掘る)
・サカナのたまご(海釣り)
・いわのたまご(岩を叩く)
・そらとぶたまご(パチンコで落とす)
・かいていのたまご(潜って捕る)


わりとポコポコ入手できるので、揃えるのは容易かったです。
全種類ぴょんたろうに渡すと、特別な家具イースターバスケットが貰えます。

次にタマゴシリーズの家具を貰うために、またタマゴ集めです。
ぴょんたろう4
ぴょんたろう5
今度は、そのまま渡すのではなく、一回食べます。
食べるとアメ・アタリ券・大アタリ券のどれかが出てきます。
アメは通常はレアな物ですが、今回のイベントではハズレアイテムです。

アタリ券だと家具が貰えます。今回はカーニバルイベントとは違い
持ってないアイテムを貰えるので、揃えるのは簡単です。
ソファが2個欲しい…とかなってくると大変ですけどね。

大アタリ券も苦労せず出てきます。
大当り券
ぴょんたろう6
ぴょんたろう7
大アタリ券は何枚も出てくるので、ぴょんたろうの写真が増えていきます。
…しかも写真は売っても10ベル。

今回のイベントは家具を揃えて飾らせてもらいました。
揃えた
タマゴのテーブルのみ7個揃えたんですが、嫁が半日掛けて揃えてくれました。

…え?私ですか?
…村の整備したり、無双OROCHI2やってたり(汗)
えぇ…サボってました(汗)タマゴ集め飽きちゃって…
本当に嫁に感謝です。

最後に、このぴょんたろうの不気味な所を見つけました。
仕事中
普段は、この様に飛び跳ねてるんですが…

少し離れた所から見てみると…
止まってる…
魂が抜けたみたいに立ち尽くしてるんです…。恐いです。
近づくと思い出したかのように動き出すんです。

背後から話しかけるとモノスゴイ怒られます。
何回もチャレンジしてみました~。
チャック!?
怒ってる
楽しんでます(笑)
背中にチャック付いてますね~。この言い回しといい、中に誰か入ってますねぇ…
まぁ…詮索はしないでおきましょう。

最後にぴょんたろうに悪ふざけした画像でお別れです。
明日はエイプリルフールでイベントなので、また更新しますね。
ですよね~
返された
なんとも不思議なキャラでしたね~。
スポンサーサイト

| とびだせ どうぶつの森 | 20時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムブレイカー カスタム集

ガンダムブレイカーの体験版…ついついやってしまいますね。
ガンダムパーフェクトゲームスに登録すると、画像保存も出来るので
それを利用して色々なカスタマイズMSを紹介します。

こんなのも出来るよ~という参考になればと言う感じですね。

…では早速。
指揮官用ザクカスタム
基本はザクなんですが、所々にストライクガンダムのパーツを使用してます。
指揮官仕様ザクカスタムと言った感じですね。

アクセルガンダム
これが今の最強装備のカスタマイズです。
以前のアクセルゼータから昇華してアクセルガンダムとなりました。
…名前的には退化してるみたいですけどね。
ザクの腕が高性能で、近接攻撃に強くなるので離れられないんです。
見た目的には微妙になっちゃうんで嫌なんですけどね。

ガンダム金メッキ
ガンダム金メッキ仕様ですね。完全に悪ふざけです。
ただこういう事が出来るのも、このゲームの魅力ですね。
ちなみに同じガンダムでも真面目に塗装したのが次の画像です。

キャスバル専用ガンダム・改
キャスバル専用ガンダム・改です。
体パーツのみガンダムMK-2なので改となってます。
シャアカラーは色々試したので画像が多いんですが、今回はもう一枚だけ。

Zカスタム(シャア専用)
シャア専用Zカスタムですね。Zガンダムのパーツは体験版の中では
カッコいい部類に入るパーツですね。大体しっくり来ます。

ウイングドム
ウイングドムです。名前的には飛べそうですが…
この重量感ではきっと飛行能力は低いと思いますね。

ガンダムパーフェクトゲームスに登録すると、お題に沿ったMSを作る
カスタマイズランキングに登録できるんですね。

もうすでに第一回のエントリーは終わってしまってて
第一回のお題は「RX-78-2ガンダム」のパーツを使ったオリジナルMSでした。
そのお題に沿って作ったのが次の画像です。
高機動型最終決戦使用ガンダム
高機動型最終決戦使用ガンダムという長い名前を付けました。
ガンダムっぽさを残すには、やはり頭とシールドが一番かなと思って残しました。

ちなみに第二回のお題は「赤」をテーマカラーにしたMSです。
これもエントリーしてみようと思います。

| ゲームネタ | 20時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムブレイカー BETA版 レビュー

先日体験版が公開されたソフト
ガンダムブレイカーのBETA版について記事を書こうと思います。
ガンダムブレイカー
ガンダムブレイカー
2013年6月27日 発売予定
PS3 7980円


VITAでの発売もあるようなんですが、公式サイトにはPS3としか書いてないですね。
今回のソフト…また新しいジャンルを作ってくれました。

今までに何だソレ!…といわせたジャンルである

ゾンビパラダイスアクション(DEAD RISING)
銃撃多重奏RPG(End of Eternity)

これに続く今回の迷ジャンルがコレです。

創壊共闘アクション

もうね…意味不明なんですけど、プレイしてみるとその名のとおりでした(笑)

まずこのゲームの設定としてあるのが
自分で組み上げたガンプラをバーチャル世界に投影させて遊ぶシステム。
…なんだそうです。

そのバーチャル世界と言うのがコチラ。
圧巻だね
前方に見えているのが私の機体です。
手前に居るキャラは、このバーチャル空間内でのアバターなんだそうです。
…つまり、ゲームの中で仮想空間に入っているんですね。

上の画像の右手に見えている球体でミッション選択が出来ます。
ミッション選択
体験版では5つのミッションに挑む事ができます。

・始まりの鍵(チュートリアルステージ)
・黒いガンダム(目標破壊&特殊条件発生ステージ)
・赤い彗星(対象物防衛ステージ)
・白い悪魔(巨大ボス出現ステージ)
・世界の扉(裏ボスありの難関ステージ)

全部のステージに特徴があり、楽しめる内容となってます。
作業場ステージ
プラモデルが題材なので、こんな作業場のようなステージもあります。
色々あるなぁ
作った事のあるプラモもちらほら見えます。

ステージによっては巨大ボスも登場します。
でかい!?
自分達の機体は1/144のHGシリーズなんですが、中には1/60サイズのボスも登場します。
体験版の最終ステージ、世界の扉には条件付で裏ボスが現れます。
強化が不十分だと自分の機体が1撃で墜ちますけどね…。

単独だと序盤は大変きついです。敵は多くて硬くて…
それだけで嫌になってしまう方も多いと思います。

しかし、今回の体験版にはマルチプレイが実装されているんですよ!
おぉ~!!!
マルチプレイ中は、皆の機体がハンガーに現れます。
ちなみに上記の画像、中央が自分で両サイドはご一緒になった方達です。
対戦ではなく協力プレイなので平和ですよ。皆で戦えば恐くない!!!…です。
会話も定期文チャットで済ますことが多いので、面倒な事もありませんよ。

ちなみに自分がご一緒になった方達とは、多少会話をしまして
ちょっとした悪ふざけをしてました。

・皆でザクにして、各々色を全身統一する。(赤・青・黄・白)
・どれだけ不恰好なMSを作れるか
・皆でシャア専用機

こんな感じで、ミッションに行かずとも遊べてしまう感じでした。

そして、一番のキモであるカスタマイズです。
パーツはミッション中に敵が落としたり、アイテムボックスに入っていたりします。
ただ入手しただけでは使用する事ができず
それをカスタマイズ画面でパーツ化する必要があります。

パーツ自体にランクがあり、同じパーツでもランクによって強さが変わります。
…つまり、ランク1のガンダムの足パーツよりランク6のジムの足パーツの方が強い
…ということもあるわけです。

純粋に強さだけを追い求めていくと…
こんな機体でも…
こういう事になる事もしばしばです…。

しかし!ここからがガンプラビルダーの腕の見せ所!!!
…いや自分はビルダーを名乗るほどプラモ作ってませんけど。
…一応ゲーム内ではビルダーのハズなんで(汗)

…と話が脱線しましたが、ここから塗装で見た目を良くしていきます。
塗装もただ色を塗るだけではなく、光沢処理や汚し加工といったワザまで出来ます。

その辺を駆使して頑張って塗装していくと…?
アーマードコアみたい
アーマードコアをイメージして塗装してみました。
どうですか?塗装一つで、だいぶ見れるようになりましたよね?

もちろん基本パーツでプレイするのもありだと思います。
ノーマルガンダム
このままでもカッコイイですからね。

ちなみに自分が塗装したガンダムがコレです。
キャスバル専用
キャスバル専用機ですね。マルチプレイ中に一緒になった方々と
「シャア専用機プレイしよう」と誘われた時に作ったものです。
もう少し細かい部位にまで塗装できるようになると最高なんですけどね。

最後に現在自分がメインで使っている機体の画像を載せます。
今の機体
能力を近接特化にして、敵の懐でバサバサ斬りまくる仕様にしてます。
通常攻撃以外に必殺技の様なものを3つ装備できるのですが
それも近接特化にしてます。…射撃はイマイチです。
もっと良いパーツが揃えば、遠距離にも対応できるんでしょうけどね。

機体に名前を付ける事も出来ます、みんな思い思いの名前を付けてます。
ちなみに自分の今の機体にはアクセルゼータと付けてあります。

面白い名前もいっぱいありましたね。

・ザクンダム
・ガンジャリアン
・ドムザクナンジュ
・がんだむ丸
・ああああ


見ていて面白かったですね。なんとなく名前の由来が分かるものが多かったです。

体験版の総合評価は★★★★☆ですね。
所々問題のあるところも多かったので、製品版に期待したいところです。
・ロックオンの変更が出来ない
・パーツの作成や売却が1個づつで面倒
・塗装を部位単位より、更に細かくして欲しい
・近距離・遠距離の攻撃を自動じゃなく、ボタン配置で分けて欲しい
・せめてオペレーターくらいは声付きが良い

こんな所でしょうかね。

ガンプラという設定上パイロットという概念が無いので
声優さんを雇う必要は無いわけです。そのぶん機体数を増やしてもらえると嬉しいですね。
当然ステージやミッション数も大量にないとダメですね。

値段が7980円と割高なので
その辺でボリュームを増やせるかどうかで、神ゲーにもクソゲーにもなるでしょう。
ちょっと値段が値段なので、予約してまでは…と言う感じです。様子見ですね。

体験版は、大変面白かったですよ。

| ゲームレビュー | 10時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅ドリンク2種

やっぱり時期だからでしょうかね?
梅系のドリンクが多くなってきましたね~。
梅ドリンク
今回は初の2本まとめての紹介です。

左・アサヒ飲料のバヤリースシリーズから
幸梅(さちうめ)です。

これは少し前に買った物なんで、今でも売ってるかは微妙な所です。
味の方はサッパリとした梅の味で大変美味しかったですよ!!!

実は冷蔵庫の奥に置きっ放しなのを先日見つけまして…。
今日仕事場に持って行ったんですが、梅の風味と酸味が心地よくて
忙しい状況時に一口飲むと、リフレッシュされる一本でした。

右・同じくアサヒ飲料の三ツ矢サイダーシリーズから
三ツ矢梅です。

こっちは今でも普通に購入できると思います。
このドリンクは炭酸飲料なんですが…匂いはアルコールのウメッシュにそっくりです。
味のほうもお酒の味がしないウメッシュでした…。

以前ウメッシュを飲んでいた者の感想としては…
アルコールの入っていないウメッシュは…甘いだけですよね?

…そんな感じです。

美味しいですよ!!!そこは間違い無いと思います。
…ただ梅酒を飲む人からしたら甘すぎると感じるかもしれません。

今回はこの辺で…。
次回はMETAl GEAR RISINGの小技でも載せようと思います。

| ドリンクレビュー | 20時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

METAL GEAR RISING レビュー

METAL GEAR RISING REVENGEANCEが届いて2週間ちょっとですね。
現在はノーマル・ハードとクリアして、ベリーハードに挑む所です。
タイトル画面
METAL GEAR RISING REVENGEANCE
2013年2月21日発売 KONAMI PS3


今回の評価は★★★☆☆ですね。
実に惜しい仕上がりのゲームとなってしまってます。

その原因はただ一つ、ストーリーが短い事ですね…。
これは、本当に残念でありません。

大体のプレイ時間は、ムービーをしっかり見ての初見プレイで7~8時間程度。
慣れてきての周回プレイでは2~3時間がいい所でしょうね。
そのストーリー自体も、あまり褒められた出来…とは言いがたかったです。
古参のメタルギアファンでも、話についていけないかもしれません。
初期の構想通り、MGS2と4を繋ぐ話にしたほうが良かったのでは?…って感じです。

駄目な点は、自分がプレイした限りココだけですね。

ゲーム自体の評価は、個人的には良かったと思います。
爽快感・操作性・グラフィック・音楽…全てが快適でしたね。
…ただマップが一本道過ぎたかなって思う所は多かったですね。

イメージとしてはSFC時代のアクションゲームのテイストに似てるかもしれません。
全ステージで4~5時間程度ですし、一本道ですし…。
昔の魂斗羅スピリッツやファイナルファイトを、ふと思い出しました。
あれに武器の強化や周回要素をプラスしたようなゲーム性ですね。

ただグラフィック・音楽面では天と地ほど差が有りますけどね(笑)
サクラ舞うステージ
自分が一番好きなステージです。日本庭園ですね。
ここは桜の花びらが舞っていたり見ていても楽しめるステージです。
さらにこのステージのBGMは、SFCの名作がんばれゴエモンのアレンジ曲です。
中々に粋な演出でした。

ステージ数は少ないですが、各ステージで特色が違うので
ステージ自体に飽きが来ることが無かったですね。常に新しい気分で楽しめました。

操作性も、特に不満は感じませんでしたね。
体験版の時に感じた、斬撃モード時の自由切断も
スティック操作無しで、□ボタン・△ボタンで対応出来る様になったのは助かりました。
ここも上手く出来ていて、後半の方では正確に斬らなくてはならない場面も多いので
スティック操作が一切不要になってないのもポイントでした。
駆け抜ける爽快感
走り抜けながら敵を斬りまくる快感は、無双シリーズ以上ですね。
体験版レビュー時に書いたシノギやエネルギー吸収(斬奪)もあるので
強敵は攻撃をピンポイントで回避しつつ反撃するのが、また快感です。

基本はSOLIDシリーズとは違い、ステルスしないで進むゲームですが
敵に見つからずに暗殺していくプレイも、また面白いです。
暗殺も可能
ただ、暗殺プレイしているとSランクが取れないステージもあります。

ボディのカスタマイズも面白かったですね。
様々なボディ1
これが通常作戦用の機体です。
様々なボディ2
こっちは雷電が変装していたつもりの衣装です。
様々なボディ3
これはサイボーグ忍者(MGS1)の衣装ですね。初回特典です。

敵の種類も豊富で、敵のサイボーグだけでも
ノーマル・侍タイプ・二刀流・重装兵…等バリエーションが多く
無人機
無人機と呼ばれる中型~大型までの兵器も多数登場します。
MGS4でお馴染みの月光も無人機なので随所に出現しますよ~。
黒いメタルギアRAY
そして…序盤に戦うのがコイツ!黒いメタルギアRAYです。
武装もMGS2時とは大幅に違っており、あの当時の雷電は絶対太刀打ち出来ないです。

キャラクターは、個人的には好きでしたね。
サム
雷電のライバルとなるキャラ、サムです。
鞘にアサルトライフルの発射機構が備わっており、抜刀の速度を上げてます。
雷電の左手・左目を切断するキャラですね。
ボス
体験版に登場したボスですね。ボスを撃破後は回収され
雷電の元で行動を共にする事になります。
その後の名前はブレードウルフで、見た目も変わります。

ちなみに上記の2人はDLCにて、プレイヤーキャラとして操作する追加ストーリーがあるそうです。

他のボス達は…
ミストラル
ミストラルです。仔月光の腕を引きちぎり自分の体に装着します。
見た目は、今までのシリーズのマンティスに似ていますが…関係は無さそうです。

モンスーン
モンスーンです。アクションが苦手な人には、高い壁だったようで…
こいつが倒せずにソフトを売却された方もいるそうで…
確かに怒涛の連続攻撃や、煙幕からの連続奇襲はアクション苦手な人には辛いかもですね。

こいつらは、あくまで下っ端に過ぎず黒幕は別に居ますが…
それは、明かさないでおきますね。…あ!ただ新型メタルギアは登場しますよ。
見た目は、MGS3のシャゴホットが一番近いかな???…違うかな???

上記のボス達との戦闘では、ただ斬りまくれば良い訳ではなく
敵の攻撃を裁き、ここ一番で斬りまくる腕が必要になってきます。
イベントバトル
このように敵に捕まったりしてしまっても、落ち着いて対処すれば
ノーダメージで技を返す事も出来ます。

総評してみると、アクションが苦手な人には一切楽しめない作品だと思います。
過去のMGSシリーズを期待して買うのも大間違いです。

今作はMETAL GEAR RISINGの名の通り、外伝と呼べる作品です。
あくまでMETAL GEAR SOLIDとは別のゲームと捉えるのがいいと思います。

今の所過去のキャラで登場したのはサニーだけです。
サニー
MGS4で一生懸命、目玉焼きを焼いていたサニーは
今作ではエンジニアとして活躍しています。
オタコンの養子になったようで、名前がサニー・エメリッヒになっていました。
作業着にはオタ魂ワッペンも付いてました(笑)

MGS4との繋がりも、ほとんど無いのでスネークもオタコンも登場しません。
その辺を期待して買う方も要注意です。

ゲーム性自体は大変良く出来ていたので、2が出るんであれば
もう少し濃密なストーリーを期待したい作品です。

| ゲームレビュー | 19時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

         NEXT