PREV         NEXT

≫ EDIT

戦場のヴァルキュリア レビュー

091010_145931_convert_20091010154350.jpg
購入してから、かなり経ちました。
まだクリアには至ってませんが、ゲーム自体は相当やりこんでますね~。
どういうゲームかも分かってきたのでレビューを載せる事にしました。

091010_150020_convert_20091010154708.jpg
今現在第13章です。どのくらい進んでいるのかは分かりませんが
物語的には終盤に近い感じはしますね。
ストーリーパートは、こんな感じで本を読んでいる風な雰囲気に作ってあります。

肝心の物語ですけど…深いですね~。
今まで色々なゲームをやりましたけど、ここまで深い物語は珍しいですね。
戦争と言うテーマ・人種差別・義勇軍と正規軍など語りきれないですね。
話自体はフィクションですけど、現実に起きている出来事の再現も多く考えさせられます。

091010_153529_convert_20091010155643.jpg
この2人が物語の主役ウェルキン・ギュンター(右)とアリシア・メルキオット(左)です。
映像は水彩画タッチで描かれていて水彩画が動いている様な斬新な映像描写です。
この水彩画タッチは賛否両論ですが、自分は好きですね。

091010_150844_convert_20091010160046.jpg
そして主人公達の部隊・第7小隊の仲間達です。
イサラ・ギュンター(左)ラルゴ・ポッテル(中央)ロージー(右)です。
ラルゴとロージーは最初ウェルキン達に非協力的なのですが徐々に信頼関係を築いていきます。
イサラとロージーに至っては人種の違いで最後まで衝突し続けますが…
最後には涙無くしては見れない展開へとなります。

091010_151209_convert_20091010161014.jpg
そして最後に仲間になるメインキャラザカです。
彼のおかげでイサラとロージーの距離は縮んでいくことになります。
その他にも部隊のメンバーは50人近く居ますが…ストーリーパートで出てくるキャラは6人です。

そして敵達も個性的な奴が揃ってます。
091010_150315_convert_20091010161544.jpg
まず敵の総大将マクシミリアンです。
画像は顔しか写してませんが何か凄まじい鎧を身に付けてるんですよ。

091010_151643_convert_20091010161828.jpg
そして三将軍の一人ベルホルト・グレゴールです。
帝国は絶対と信じ民衆や小国を見下す典型的な上から目線のキャラです。

091010_152145_convert_20091010162152.jpg
三将軍の二人目ラディ・イェーガーです。
彼は帝国に併合された王国の出身…つまり元々帝国の人間では無いんですね。
まだハッキリとはしてませんが三将軍で唯一マクシミリアンと意見が違っているように思えます。
そして力のある者には敵・味方問わずに敬意を払う騎士道精神溢れるキャラです。
ちなみに声優はスネークでお馴染みの大塚 明夫さんです。

091010_151546_convert_20091010162930.jpg
三将軍最後の一人はセルベリア・ブレスです。
数少ないヴァルキュリア人の血を受け継いでおりヴァルキュリア人専用の槍と盾を使います。
マクシミリアンに絶対的忠誠を誓っており、ヴァルキュリアの血を覚醒させる為に
進んで自らの体に剣を刺せるほどの覚悟を持ち合わせてます。

さて…敵キャラの方が詳しい説明になってしまいましたね。
昔からなんですけど、どうしても敵キャラの方に興味がいってしまうんですよね。
特にヴァルキュリアの敵キャラは皆個性的で好きですね。
もちろん味方キャラであるウェルキンやアリシア達も、とても良いキャラですよ。

キャラクターも、まだまだ紹介しきれないほど存在してますんで
後は購入してみて自分で、その濃厚な人間ドラマを堪能してください。

さて…肝心のゲームシステムですが…
これも、とても良いシステムですね。一つの完成系を見ているようです。
091010_153814_convert_20091010164026.jpg
まずは戦略パートです。
画面上部にあるポイントの数だけで行動することが出来ます。
ポイントはメインキャラを出撃させることで多少増やすことが出来ます。

一応敵も画面に表示されますが、あまり当てには出来ません
隠れている敵キャラも多い為索敵しつつ進撃していくのがベストとなります。

ポイントは歩兵キャラなら1ポイント消費、戦車なら2ポイント消費となってます。
後はオーダーというウェルキンのみが使える特殊コマンドがあります(スパロボで言う精神コマンド)
これは1~6ポイントで味方キャラを強化したり出来ます。

そしてキャラクターを選ぶとアクションパートへ移行
091010_153857_convert_20091010165312.jpg
実際このモードにならないと分からない事も沢山あります。
隠れた敵兵の位置・地図には出てこない抜け道・地雷・攻撃を受けにくいポイント等
画面下にある黄色いバーの分だけ移動できます…が攻撃後隠れたりする分も考えて行動します。
隠れるのに失敗すると敵の猛攻の餌食になってしまいますよ~。
そして攻撃ですが攻撃モードになると敵兵は攻撃をやめるので、ゆっくり攻撃に専念できます。
だからアクションが苦手でも全然大丈夫ですよ~!

あとゲームを面白くしている兵科の種類ですね。

偵察兵
敵陣地に向かって索敵しつつ味方陣地に戻ってこれるくらいの機動力があります。
レベルが上がってくると攻撃も多少出来るようになってくるので運用しやすい兵科になります。
長所:機動力・隠れた敵を見つけられる策敵能力
短所:銃撃・砲撃に弱い

突撃兵
機動力は他の兵科と比べると可も無く不可も無くですが
全歩兵ユニットに対して絶大な能力を持ってます。歩兵しか居ないところであれば
単身で突撃しても生き残る事が出来ます。
長所:対人撃破・銃撃に対する防御
短所:砲撃に弱い

対戦車兵
唯一戦車に正面からダメージを与えられる兵科です。
戦車後方に回り込みラジエーターを狙えれば一撃で戦車を沈めるという技も可能です。
兵科では唯一戦車の砲撃に対する耐性があります。
長所:戦車に攻撃可能・砲弾に対する防御
短所:銃撃に弱い・機動力が低い・迎撃が出来ない

狙撃兵
存在が確認できる敵であれば遠くであっても狙撃できます(命中率は落ちますが)
ヘッドショットが出来れば歩兵ユニットを一撃で倒せます。
うまく活用すれば敵陣地に近付くことなく敵兵を始末していく事も可能です。
長所:狙撃能力
短所:防御力・機動力の低さ・迎撃が出来ない

支援兵
戦車の装甲を修理することが出来たり、地雷を撤去できたり
味方の弾薬を補給出来たりと部隊には無くてはならない存在です。
ライフルを持てるためレベルが上がれば攻撃も可能と言えば可能です(迎撃・追撃程度)
長所:補給・修理・若干の機動力の高さ
短所:HPと防御力の低さ

この5つの兵科をうまく使ってマップの攻略に挑みます。
このバランスが絶妙で本当にうまく戦っていかないと、あっという間に劣勢になります。
あっという間に劣勢になる理由が2つあって
1、敵の攻撃は、ほぼ命中率100%
2、敵の位置を、こちらは把握できないが敵は、こちらの位置を把握している。
この2つがあるため敵は中々に強力です。
だからこそ頭を使って敵を殲滅する楽しみがあります。

このゲームは★★★★★ですね。オススメです!
兵科のレベルを上げたりすれば、任務もそれほど苦労もしませんよ。
来年1月にはヴァルキュリア2の発売も決まってるので、まずは1を購入するのはどうでしょうか?
追加コンテンツも出ているので長く遊べますよ~。

あ…でも超理不尽な所が一つありましたね。
敵の三将軍の一人セルベリアと一度戦ったんですけど…異常に強いです!
まず無敵・破壊力抜群の攻撃・狙撃兵並みの射程・偵察兵並みの機動力…
一度戦った時は妨害にやって来たんですけど…また戦うと思うと…。
一体どうやって倒すんでしょうかね?

そういえば大事な事を忘れてました!!!
このゲームの特徴の一つ死んだ仲間が生き返らないんですよ。
これは考え深いものがありましたね~。
GTAみたいに○○は死んじまった!って出た後に再トライで復活…とはいきません。
2週目に入るまで死んだキャラは出てこないんです(メインキャラたちは例外)
これは仲間を死ぬ気で守ろうって思いましたよ。
スポンサーサイト

| ゲームレビュー | 17時37分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑














http://chocomajin.blog55.fc2.com/tb.php/122-362c5bc9

GABU★GABU プラネット

GABU★GABU プラネットの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「GABU★GABU プラネット」へ!

| GABU★GABU プラネット | 2009/10/12 03:44 |

PREV         NEXT