PREV         NEXT

≫ EDIT

ガンダムブレイカー BETA版 レビュー

先日体験版が公開されたソフト
ガンダムブレイカーのBETA版について記事を書こうと思います。
ガンダムブレイカー
ガンダムブレイカー
2013年6月27日 発売予定
PS3 7980円


VITAでの発売もあるようなんですが、公式サイトにはPS3としか書いてないですね。
今回のソフト…また新しいジャンルを作ってくれました。

今までに何だソレ!…といわせたジャンルである

ゾンビパラダイスアクション(DEAD RISING)
銃撃多重奏RPG(End of Eternity)

これに続く今回の迷ジャンルがコレです。

創壊共闘アクション

もうね…意味不明なんですけど、プレイしてみるとその名のとおりでした(笑)

まずこのゲームの設定としてあるのが
自分で組み上げたガンプラをバーチャル世界に投影させて遊ぶシステム。
…なんだそうです。

そのバーチャル世界と言うのがコチラ。
圧巻だね
前方に見えているのが私の機体です。
手前に居るキャラは、このバーチャル空間内でのアバターなんだそうです。
…つまり、ゲームの中で仮想空間に入っているんですね。

上の画像の右手に見えている球体でミッション選択が出来ます。
ミッション選択
体験版では5つのミッションに挑む事ができます。

・始まりの鍵(チュートリアルステージ)
・黒いガンダム(目標破壊&特殊条件発生ステージ)
・赤い彗星(対象物防衛ステージ)
・白い悪魔(巨大ボス出現ステージ)
・世界の扉(裏ボスありの難関ステージ)

全部のステージに特徴があり、楽しめる内容となってます。
作業場ステージ
プラモデルが題材なので、こんな作業場のようなステージもあります。
色々あるなぁ
作った事のあるプラモもちらほら見えます。

ステージによっては巨大ボスも登場します。
でかい!?
自分達の機体は1/144のHGシリーズなんですが、中には1/60サイズのボスも登場します。
体験版の最終ステージ、世界の扉には条件付で裏ボスが現れます。
強化が不十分だと自分の機体が1撃で墜ちますけどね…。

単独だと序盤は大変きついです。敵は多くて硬くて…
それだけで嫌になってしまう方も多いと思います。

しかし、今回の体験版にはマルチプレイが実装されているんですよ!
おぉ~!!!
マルチプレイ中は、皆の機体がハンガーに現れます。
ちなみに上記の画像、中央が自分で両サイドはご一緒になった方達です。
対戦ではなく協力プレイなので平和ですよ。皆で戦えば恐くない!!!…です。
会話も定期文チャットで済ますことが多いので、面倒な事もありませんよ。

ちなみに自分がご一緒になった方達とは、多少会話をしまして
ちょっとした悪ふざけをしてました。

・皆でザクにして、各々色を全身統一する。(赤・青・黄・白)
・どれだけ不恰好なMSを作れるか
・皆でシャア専用機

こんな感じで、ミッションに行かずとも遊べてしまう感じでした。

そして、一番のキモであるカスタマイズです。
パーツはミッション中に敵が落としたり、アイテムボックスに入っていたりします。
ただ入手しただけでは使用する事ができず
それをカスタマイズ画面でパーツ化する必要があります。

パーツ自体にランクがあり、同じパーツでもランクによって強さが変わります。
…つまり、ランク1のガンダムの足パーツよりランク6のジムの足パーツの方が強い
…ということもあるわけです。

純粋に強さだけを追い求めていくと…
こんな機体でも…
こういう事になる事もしばしばです…。

しかし!ここからがガンプラビルダーの腕の見せ所!!!
…いや自分はビルダーを名乗るほどプラモ作ってませんけど。
…一応ゲーム内ではビルダーのハズなんで(汗)

…と話が脱線しましたが、ここから塗装で見た目を良くしていきます。
塗装もただ色を塗るだけではなく、光沢処理や汚し加工といったワザまで出来ます。

その辺を駆使して頑張って塗装していくと…?
アーマードコアみたい
アーマードコアをイメージして塗装してみました。
どうですか?塗装一つで、だいぶ見れるようになりましたよね?

もちろん基本パーツでプレイするのもありだと思います。
ノーマルガンダム
このままでもカッコイイですからね。

ちなみに自分が塗装したガンダムがコレです。
キャスバル専用
キャスバル専用機ですね。マルチプレイ中に一緒になった方々と
「シャア専用機プレイしよう」と誘われた時に作ったものです。
もう少し細かい部位にまで塗装できるようになると最高なんですけどね。

最後に現在自分がメインで使っている機体の画像を載せます。
今の機体
能力を近接特化にして、敵の懐でバサバサ斬りまくる仕様にしてます。
通常攻撃以外に必殺技の様なものを3つ装備できるのですが
それも近接特化にしてます。…射撃はイマイチです。
もっと良いパーツが揃えば、遠距離にも対応できるんでしょうけどね。

機体に名前を付ける事も出来ます、みんな思い思いの名前を付けてます。
ちなみに自分の今の機体にはアクセルゼータと付けてあります。

面白い名前もいっぱいありましたね。

・ザクンダム
・ガンジャリアン
・ドムザクナンジュ
・がんだむ丸
・ああああ


見ていて面白かったですね。なんとなく名前の由来が分かるものが多かったです。

体験版の総合評価は★★★★☆ですね。
所々問題のあるところも多かったので、製品版に期待したいところです。
・ロックオンの変更が出来ない
・パーツの作成や売却が1個づつで面倒
・塗装を部位単位より、更に細かくして欲しい
・近距離・遠距離の攻撃を自動じゃなく、ボタン配置で分けて欲しい
・せめてオペレーターくらいは声付きが良い

こんな所でしょうかね。

ガンプラという設定上パイロットという概念が無いので
声優さんを雇う必要は無いわけです。そのぶん機体数を増やしてもらえると嬉しいですね。
当然ステージやミッション数も大量にないとダメですね。

値段が7980円と割高なので
その辺でボリュームを増やせるかどうかで、神ゲーにもクソゲーにもなるでしょう。
ちょっと値段が値段なので、予約してまでは…と言う感じです。様子見ですね。

体験版は、大変面白かったですよ。
スポンサーサイト

| ゲームレビュー | 10時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://chocomajin.blog55.fc2.com/tb.php/490-f7019ef6

PREV         NEXT