PREV         NEXT

≫ EDIT

新・テラリア冒険記 第18章

今週は雨ばかりですが、だいぶ涼しいですね~。
一回涼しくなった後で、また暑くなると体に堪えるんですよね。

さて、新・テラリア冒険記ですが
そろそろ終わりも見えてきましたね。…次のネタを考えておかないと(汗)

新・テラリア冒険記 第18章
『スケルトロンの逆襲』


前回ハードモードに移行したので新しい鉱石探しに…
ハードモードの敵は強いですね…

個人的に戦いたくない敵ベスト3は…

1位 ミミック
2位 リクガメ系
3位 モスホーネット

コイツらは、出来れば戦いたくないです。
ノックバックしないうえに、攻撃力の高いミミック
ただひたすらに攻撃力が高く、回転攻撃で大ダメージのリクガメ系
毒攻撃を多用する、ホーネットの最終強化版モスホーネット

まぁ、ミミックはお宝をドロップしてくれるんで、狙って撃破しますが
リクガメは甲羅を低確率でドロップするんですが、今の所使い道も無いんで…
なるべく戦わないようにしてます。
モスホーネットは数が多く出て来るんで、逃げても意味ないんですよね

鉱石も順調に集まり、新規装備も一通り完成。コバルト装備
パラジウム装備
オリハルコン装備
アダマン装備
そうそう、一つバグかと思わしき事態に遭遇したんですが…
上記の画像、新規装備が鉱石4種分ありますよね?

以前あくまのさいだんを壊したときは
パラジウム・オリハルコン・アダマンタイトの3種類が解放されたはずなんですが
何故か当ワールドにはコバルトも存在してました。…こういう物なんですかね?

新規鉱石装備は、頭の防具が3種類あり
近接・射撃・魔法、それぞれに有利な防具となってます。
今回は防御力重視で近接のみの作成しました。

アダマンタイトの防具が一番強いので使用してます。
上記の画像でオリハルコンが強くなっているのは、守りのポーション分上乗せされてます。

新規鉱石装備を作成するにあたって、新しいかなどこも作りました。
新しいかなどこ
これが無いとハードモード用の装備や道具が作れないんですね。

このかなどこを作った事で、ハードボス召喚アイテムも作成可能になりました。
きかいのめだま
きかいのワーム
きかいのドクロ
恐らく、この召喚アイテムを見る限りノーマルで戦ったボス達
クトゥルフのめだま・イーターオブワールド・スケルトロン
この3体の強化版なんでしょうね。

武器に不安はあるものの、現状最高ランクのアダマン装備を入手したので
作成
上記の3つの召喚アイテムのうち、きかいのドクロを作成しました。
…今思えば、この時アダマン装備を入手した事で調子に乗っていたんでしょうね。

早速決戦へ…
いざ決戦へ
決戦場所は、旧・拠点の簡易ボス戦フィールドです。
3大ポーションも使い、デーモンサイスを主軸に闘おうと考えてました。

『強化された所で、行動パターンは変わらんだろう』…と

そして、姿を現す宿敵スケルトロン・プライム
まさかの4刀流
なんか腕が多い!?

しかもスケルトロンの腕は、振り回す程度だったんですが
スケルトロン・プライムの腕は、それぞれが武器になってます。
これは完全に誤算でした…。
激しい猛攻
ダメージも大きいのですが、アダマン装備と守りのポーションのおかげで何とか戦えてる状態…
しかし攻撃面が不十分で、ダメージが与えられず…
撃沈
あえなく撃沈…。長期戦となり死亡しました。
キャンプファイアも用意しなかったのが、敗因の一つですね。

攻撃面の強化も必要だな…と感じさせる一戦でした。
そして…やはり私の中のラスボスはコイツだな…と思わせる相手でした。

次回は、また違うボスと戦ってみようと思います。
そして攻撃面の強化もしていきます。
スポンサーサイト

| 新・テラリア冒険記 | 06時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://chocomajin.blog55.fc2.com/tb.php/607-df15cef0

PREV         NEXT