PREV         NEXT

≫ EDIT

ファンタシースターノヴァ 体験版レビュー

発売まで一週間を切ったので、レビューでも書こうかと…
今回は期待の一本なので、かなり長いレビューとなりますよ~。
タイトル画面
PHANTASY STAR NOVA
2014年11月27日発売予定 PS VITA


前作ファンタシースターポータブル2 インフィニティより3年以上経ち
ようやく携帯機版のファンタシースターの発売が決定いたしました。
今回は開発をトライエースが務めております。

トライエースの代表作
・ヴァルキリープロファイル
・スターオーシャンシリーズ
・End of Eternity


その体験版が11月13日より配信されていました。
製品版への引き継ぎも可能と言う事で、かなりのダウンロード数の様です。

さて…今作ですが、体験版をプレイした感じでは
良くも悪くもトライエースっぽい作品…と言う感じです。

まずはストーリーですが…
アークス特殊惑星探査隊オルター所属の宇宙艦「デルタ・ヴァリアント」は
新たに発見された惑星「マキア」への現地調査任務についていた。
しかし、その途中マキアから謎の攻撃を受け墜落してしまう。
Wikipediaより抜粋

なんかスターオーシャン4と被ってないですか…???
未知の惑星を探索…とか

そして…物語の冒頭で、宇宙船が未知の惑星に不時着してしまうのですが…
意味不なストーーリー
まさかの艦長死亡…ここも意味不明でして
この画像の女性はフィルディアと言いまして、戦闘部隊の隊長です。
…その隊長よりも先行し、部隊を率いていた艦長。その間、母艦にトップ不在ですからね。

しかも、一応副艦長は居るのですが
なぜか、この艦長…後任を戦闘部隊の隊長である彼女に託します。
…副艦長も、クールにしてましたが内心驚きだったのでは…?

こんな感じで終始『えっ!?』…って感じのストーリーが続きます。
画像にはしませんが…例えばですね~。

・フォトンの代替エネルギーのグランが、割と無尽蔵にある。
・そのグランを、いとも簡単に代用する。
・おかげでサバイバル感が無い。…よって悲壮感もあまり無い。

こんな感じで、わりと楽に脱出できそうな雰囲気です。
これはスターオーシャン4みたいに惑星間を冒険していくんですかね?

…それならば、各惑星毎に対処法も変わるでしょうからサバイバルっぽいですし。
まぁ、トライエースですからストーリーには正直期待していない感じです。
過去の例がありますからね。

代わりに他の部分は、トライエースの良い部分が出ています。
まずは映像、これは綺麗ですね~。
綺麗なムービー
やっぱりスターオーシャン4ですよね。
ヒロイン
左がヒロインと思われるキャラのルティナです。
主人公の事を相棒(バディ)と呼ぶ、訓練校時代の同期生です。
…つまり、主人公を初老キャラとかにすると、新人なのに年寄り…みたいな矛盾が出ます。
仲間
今作は仲間キャラの多さも売りの一つで、その数は300人以上…さすがに多すぎでは(笑)
この二人も、その仲間達でセイルとイズナです。
一応ストーリーには関わってくるので主要キャラだと思います。

次にシステム面について。
種族とクラス
まずは種族とクラスについてですね。
今作は種族は3種類、ヒューマン・ニューマン・キャストのみとなっております。
ビースト・デューマンは今作では登場しません。PSO2と同じ世界観だそうです。

次にクラスは、ハンター・レンジャー・フォースの3つに
新クラス、バスターが追加されています。これは対ギガンテス武器を扱いこなすそうです。
残念ながら途中参加のクラスらしく、序盤体験版には入っていません。
ちなみにブレイバーは無くなったようです。

今作は体験版の段階ではレンジャー、一択と言った感じになっています。
レンジャー>>フォース>>>>>>ハンター
こんな感じの格差があります。

この理由は、遠距離武器の扱いやすさにあります。
近づくことなく殲滅する圧倒的火力、これにはギガンテスも余裕です。

例えばギガンテス戦にて
ハンターがチェインを30くらい稼いで、叩き出せるのが約15000前後
フォースが属性効果を上乗せしてノーチェインで約14000前後
レンジャーがノーチェインのグローリーレインで約25000前後
この差ですね。

ただし、これは序盤と言う事が大きく関わっていると思うので
現段階では、レンジャーがオススメ…と言うだけで、製品版では話は別でしょう。
…しかし、さすがトライエース、序盤でダメージがインフレ気味です。

今回はマイルームが拠点になっています。マイベース…と言った感じですかね。
活動拠点
色々カスタマイズ出来るようですが、体験版では未実装です。
出来る事と言えば…
約束
約束…PSPo2iで言う所のクライアントオーダーですね。

個人的に、一番評価したいのがアタッチメントパーツです。
これは既存の武器に色々なパーツを付ける事が出来る機能です。
改造前
例えばコチラの武器、スピアのクリーンブラシなんですが
体験版内ではスピアの中で一番強いんですが…見た目がデッキブラシです。
この武器にアタッチメントを付けて行くと…
改造後
こんな感じで立派な武器に様変わりします。
これは面白いですよ!同じ武器を使っていても個人で形状が変わるんですから。

後拠点で出来るのはクラス替えやアイテム・衣装の購入と言った基本的な事です。

次はミッション関係ですが…
ミッション
体験版では、訓練を含め8つのミッションがプレイできます。
その中にはレアモンスターも隠れており…
ラッピー
お馴染みのラッピーです。
ラッピーチケットを落とすので、また福袋的なのがあるんでしょうね。
レアモンスター
レアモンスターも居ます。いつもと違う敵が現れる事があるんです。

その他にブーストモンスターも居ます。
ブーストモンスター
これも段階があるらしく、画像の様に名前に肩書が付いていたりします。

最後にギガンテス戦について触れておきましょう。
ギガンテス
圧倒的な存在感。これがフィールドの山を突き破って現れます。

まずは外装の破壊をします。
外装を破壊
フォース・レンジャーであれば下から攻撃可能ですが
ハンターは足場が必要なので、ヘイロウという新装備を使うか
リングジェネレーターというアイテムを使い足場を上空に作って攻撃します。
コアを露出
外装を破壊すると黄色い弱点が露出するので、ここを集中攻撃します。
ここも破壊するとギガンテスがダウンし…
弱点
最弱点であるコアが露出します。ここが大ダメージポイントです。

今の所、不安点としては武器・ステージ・ボスの種類でしょうか。
どの程度やり込みできるくらい、種類を増やしてくれるか?…ここがポイントだと思います。

今作は現物ドロップでは無く、モンハン・ゴッドイーターと同じ素材ドロップ式なので
単純に素材ドロップ率低下で時間稼ぎを狙うとクソゲー化するでしょう。
そこだけが不安ですね。

ストーリーについては現段階では及第点なので良しでしょう。
これ以下のトンデモ展開にならなければ大丈夫です。

今作はインターネットマルチが実装されていないので
いかに長く遊べる工夫をするかを考えて作られてると良いですね。

長くなりましたが、今回の体験版の評価は★★★★☆ですね。
不安はあるものの、製品版を購入してみようと思える出来でした。私は購入予定です。

今の状態
ではでは…長くなりましたが、今回はこの辺で…
スポンサーサイト

| ゲームレビュー | 09時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://chocomajin.blog55.fc2.com/tb.php/624-8fb24b75

PREV         NEXT